手作り石鹸は販売してもプレゼントしてもいけません!

あーーー

何から書いていいのか。。。
途方にくれており、
年も新しくなってしまい、
新年から嫌な重たい話を書くので嫌な方は飛ばしてください。。。


昨年7月
保健所様より石鹸の販売を中止するように忠告がございました
(どなたかが通報したらしいです)

その時まで私は軽い気持ちで
「雑貨石鹸で販売しているので関係ない」と思っていました
これは本当に私の勉強不足で;;;
後から考えると本当に恐ろしいことでした。。。

その指導内容は
手作り石鹸は雑貨という表記をしていても
肌によさそうなものが入っている時点で化粧せっけんになる
化粧せっけんは製造元と販売元が国から許可をいただいた所のみが
作って販売してもよいという内容でした

国から許可?
それは頂いていません;;;
知らなかった;;;

許可を頂いていない場合は自分だけで消費してください
人にあげてもいけません

なぜか?

それは責任が負えないから
そして、国でそのように定められているから

愕然としました。。。
本当に自分は無知ったと。。。



私、始めはネガティブになりましたが
これはいい勉強の機会をいただいたと思い
保健所の方に色々と教えて頂きました
これまで知らなかった事実が見えてきてさらに私は愕然としました
だって色々な方が(私を含め)手作り石鹸はいいものとして販売していたから。


まず私が知ったことは。。。

肌に使う石けんは 厚生労働省の管轄である薬事法があります
販売には化粧品製造販売に関する許認可が必要

台所用・洗濯用 の雑貨の場合は  消費者庁の家庭用品品質表示法
内容を読んでわかる通り、脂肪酸ナトリウムの含有率の検査を受けて
個体表記する義務がある


体に使う事を想定して作成したレシピと明らかにわかれば、台所用とかかれた偽装化粧品、と判断される・・・これはたとえば台所用や雑貨石鹸と書かれていても石鹸の中に「シアバター」や「アボカドバター」などを使えば保湿されますよね。保湿は台所には必要ありません。そして買った人が少しでもお肌に良いかも!と思ったらアウトなんです

とにかく肌に使うものはすべて化粧石鹸
「自己責任で使って下さい」
と書いたとしても、トラブルがあれば 製造者責任を問われます
製造責任者が厚生労働省に登録していなければモチロンダメ

ネットで売ることもダメ
「パッチテストをしてからお使いください」もダメ



とにかく
手作り石鹸は販売しちゃだめなんです!!


このあとがすごかったーー汗
part2に続く。。。
a0249479_10293699.jpg

[PR]
by bulledesavon | 2014-01-17 10:30 | 石鹸

わくわく石鹸作り日記


by bulle de savon
プロフィールを見る
画像一覧